• ドキュメンタリー映画 2017年製作
    企画・製作:戦争体験を継承する会
    後援:須坂市・長野県教育委員会
    長野県内の5映画館で上映

ニュース

上映終了 2018.8.17

長野県下の映画館上映は終了しました。多くの皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。

新聞2紙に掲載 2018.8.6

「夏休み家族映画会 を上田で開催 、上映と清水まなぶさんのトークライブ」の記事が信濃毎日新聞(東信版8/6付け)、長野相生座・ロキシーで映画上映中の記事が長野経済新聞(8/5付け)に掲載されました。

劇場での上映

映画館名 上映期日 お問合せ電話番号
アイシティシネマ(山形村) 5/19(土)~6/15(金)上映終了 0263-97-3892
岡谷スカラ座 6/22(金)~7/5(木)上映終了 0266-22-2773
飯田センゲキシネマズ 7/21(土)~7/31(火)上映終了 0265-22-1070
上田映劇 7/21(土)~8/3(金)上映終了 0268-22-0269
長野相生座・ロキシー 7/28(土)~8/17(金)上映終了 026-232-3016

自主上映会

団体やグループ等で自主上映会を希望される方は「戦争体験を継承する会」の事務局までお問い合わせください。
上映会申込書の内容を審査の上、許諾ならびに作品の使用料金(著作権料)について決定します。

●お問い合わせ
戦争体験を継承する会 事務局
㈱ギャラリープラスワン(木曜日休館)
長野県須坂市横町415 1F
Email: sensou@stvnet.home.ne.jp
Phone: 026-214-7231
Fax: 026-214-7236

ドキュメンタリー映画 2017年製作

戦争体験者が数少なくなった今、戦争の実相を後世に伝えようと、亡くなる直前まで語り続けた原田要さん。元ゼロ戦パイロットの波乱万丈の生涯と人間像を描く。

太平洋戦争中、ゼロ戦に搭乗し、敵機を次々に撃墜した名パイロットでした。

大正5年、長野市の旧浅川村で生まれ。17歳で旧日本海軍に志願し、真珠湾攻撃、セイロン島での空中戦、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島戦などに出撃しました。

出来るだけ近づいて射撃し、敵機のパイロットの「助けてくれ!」と哀願する顔まで見えました。

ゼロ戦の操縦技術は誰にも負けないという自信がありました。

私も3度、撃たれたりして「もうダメか」と覚悟しましたが、奇跡的に生き残りました。

今の平和は多くの人の犠牲の上にあるのです。

監督:宮尾哲雄
製作:戦争体験を継承する会

原田要さんについて

1916年上水内郡浅川村(現長野市浅川)生まれ。17歳で旧日本海軍に志願、ゼロ戦パイロットとしてハワイ真珠湾攻撃やミッドウェー海戦などに参加、敵機を次々に撃墜した。戦後、50年にわたって幼稚園を経営。晩年、講演会などを通じて戦争の悲惨な実相を語り続けた。2016年5月死去(享年99)。

映画監督について

宮尾哲雄 1950年長野県須坂市出身。
フリーディレクター。元NBS長野放送報道局長。記者やディレクターとしてドキュメンタリー番組を制作。代表作は「よみがえれ諏訪湖」「聴診器を温めて」「われに短歌ありき」など。日本民間放送連盟賞、ギャラクシー賞など受賞歴多数。

語り 檀ふみ

女優の檀ふみさんは、映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「山桜」ドラマ「日本の面影」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演する一方、近年ではエッセイも好評で、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」はベストセラーとなった。

●戦争を知らない若い世代にこそ 観て欲しい映画です

戦争体験者が少なくなる中、戦争の実相を後世に伝えることを使命とし、平和や命の尊さを訴えつづけた原田要さん。その波乱に満ちた生涯を通して、あの戦争とは、あの時代とは何だったのかを改めて問い直します。この100年の歴史を交えて描くこの映画は、現在と未来への冷静な判断をする上で意義があるでしょう。(監督:宮尾哲雄)

原田 要さんの遺志を引き継いで

 昨年5月、百歳を目前にして逝かれた原田要さん。その最期を主治医として看取った私にとって、原田さんは同じ旧制長野中学(現長野高校)の一回り上の大先輩であるばかりでなく、尊敬してやむことのない人でした。

 私自身も、太平洋戦争末期の昭和19年9月、茨城県の土浦海軍航空隊に志願して入隊し、予科練生として訓練に励みました。その当時から原田さんはゼロ戦のエースパイロットとして、私の憧れの存在であり続けました。

 実際に原田さんとお会いすることができたのは戦後になってからですが、その時の柔和な顔立ちや優しい語り口は、とても戦場の修羅場をくぐり抜けて来た人のものとは思えず、今でも忘れることができません。

 その後、幼児教育に情熱を注いだ原田さんの幼稚園の園医として、また主治医として長く親しいつきあいをさせて頂く中で、戦争の実体験から生まれた原田さんの平和を希求する気持ちは痛いほど強く伝わってきました。

 この度、「戦争体験を継承する会」の会長をお引き受けしたのも、原田さんの遺志を受け継ぎ、あのような戦争を二度と繰り返してはいけない、そのためにはあの体験を忘れることなく次代に引き渡してしていくことが大切だと考えたからです。

 また、日本が何故あのような戦争を始めたのか、歴史を顧みるのも大切です。近代文明を先取りした欧米人と、それを追い抜こうとした日本人のやむにやまれぬ戦いであったかも知れません。その頃の日本の若者が命を国に捧げて闘った心意気も忘れ得ぬ事実です。

 運命は日本を敗戦国にしてしまいましたが、皮肉にも本来の目的であった平和を知ることが出来たのです。私達はこの平和を守らなければなりません。”平和ボケ”という言葉をよく耳にしますが、私達はボケてはなりません。

 未来の日本をより輝かしいものにし、子供達に大きな夢を与え、日本人の秀れた魂の文化を世界に向けて花開かせようではありませんか。

 原田さんを主人公にした宮尾哲雄監督作品、ドキュメンタリー映画「原田要 平和への祈り~元ゼロ戦パイロットの100年~」は、この会の最初の事業です。ぜひ、一人でも多くの方々に観て頂きたいと願っております。

「戦争体験を継承する会」会長
林 謙一郎
(林産婦人科医院名誉院長)

「戦争体験を継承する会」会長 林 謙一郎 様 (林産婦人科医院 名誉院長)は去る2月10日にご逝去されました。(享年89)
まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。会員一同

経過

●昨年夏に公開され、記録的な大ヒットとなりました。

自らのつらい戦争体験を語り、平和の尊さを訴え続けた故原田要さん。長野相生座・ロキシーでの映画上映は当初2週間の予定でしたが、好評につき延長を重ねて49日間に及びました。さらに去年12月にも再上映され、観客数は延べ約3500人にのぼりました。

●ご覧になった皆さんから、多くの感想、反響が寄せられています。

○素晴らしい映画を見せていただきました。きめ細かい取材と丁寧な作りでした。貴重な記録で多くの青少年に見せたいものです(60代男性・岐阜県)

○子供の頃知った戦争の話よりも、深く考え感じる事ができました!後半は号泣しそうになりましたが、なんとか号泣は耐え、実は映画が終わっても気持ちは入り込んだままでした(笑) 若い世代や、私と同じ年の方々など幅広い世代に見て頂きたいと思いました!(20代女性・東京)

○今の平和は過去の多くの犠牲の上に成り立っている、と戦争から生還した原田要さんは言う。感動する映画でした。ぜひご覧ください(50代男性・長野市)

○事実に基づいた丁寧な作品に仕上げられていたと思います。原田さんの肉声はもとより、戦争を体験した人たちの声は実に説得力があります。映像と資料のバランスも絶妙で、飽きることなくまたたく間に80分余がすぎました(50代女性・長野市)

○何も足さない、引かない 構成にひきつけられました(50代男性・長野市)

●多くのマスコミに注目され、関心を呼んでいます。